トピックスtopics

2022.1.11

太平洋マスターズ御殿場市寄付金のご報告

【御礼】
三井住友VISA太平洋マスターズでは、例年チャリティー活動を実施し、集まった収益金を大会開催地である御殿場市に寄付しております。
2年ぶりに有観客での開催となった本大会では、会場内でのチャリティグッズ販売に加え、インターネットによるチャリティオークションを実施致しました。

この度、皆様にご協力いただいたチャリティー活動の寄付金総額が確定しましたのでご報告させていただきます。

寄付金合計額:¥2,000,000

本チャリティー活動にご賛同頂きました事、心より御礼申し上げます。
今後とも当大会をご支援いただきますようお願い申し上げます。

2021.12.14

谷原選手へ優勝副賞を贈呈致しました

12月10日(金)三井住友カード東京本社にて、2021三井住友VISA太平洋マスターズで優勝された谷原秀人プロに、優勝副賞であるVポイント300,000ポイントを贈呈致しました。副賞を受け取った谷原プロに、改めて大会を振り返ってもらうとともに、副賞のVポイントについてもお話を伺いました。

大西大会会長より、副賞を授与

大西大会会長より、副賞を授与

今回、2021三井住友VISA太平洋マスターズの優勝を飾った谷原プロに、改めて本年の大会を振り返って頂きました。

2週前くらいから調子よく、妻には「今週優勝あるかもよ」と伝えていた。状態よく大会を迎えられたのが一番大きかった。
最終日を首位で迎えるとあまり負けたことがなかったので、最終日は気分よく迎えられた。また、最終日最終組は3人とも広島県出身かつ大学も同じということもあり、楽しんでプレーができた。その中で隠れた闘志もあったけど(笑)。
昨年2位が2回あったり、調子自体はずっと悪くなかった。あと1ピース噛み合えばという中で、5年ぶりの優勝ができて本当にうれしく思います。

今回2度目の優勝となりましたが、大会に対してどのような印象をお持ちでしょうか。

前回優勝時は、名だたる名プレーヤーがこの大会で優勝されていますし、あの赤いジャケットを着たいという思いでやっていた。この大会の高速グリーンを制したいという思いを持った選手が多くいると思うし、歴史も深くこの大会で勝てたら一流という思いがある。【印象に残る試合】が多いイメージ。そういう意味では全員が勝ちたいと思っている試合だと思う。また、今回はギャラリーもいて、改めてそのありがたみを感じながらプレーすることができた。

欧州ツアーへの参戦や海外大会への参加経験も豊富な谷原プロですが、クレジットカードや電子マネーを利用する機会は日常でも多いのでしょうか。

クレジットカードを使う機会はとても多いと思います。海外にいたことも多いので、その際も換金をするのが手間だしほとんど現金を持たない。逆をいうとカードしか使わない。

クレジットカードの利用機会が多い谷原プロですが、溜まったポイントはどのように利用されているのでしょうか。

ポイントはほとんど妻が利用しています(笑)。

既にVポイントユーザーである谷原プロに、Vポイントアプリをダウンロードした経緯と、アプリに対する印象、貯まったポイントをどのような場所で使うことが多いか伺いました。

妻重視なので妻が使いたい所で使うと思います(笑)。なのでこの副賞を今回一番喜んでいるのは妻かもしれません(笑)。

Vポイントアプリを確認する谷原プロ

Vポイントアプリを確認する谷原プロ

最後に来シーズンの抱負について伺った所、20代30代40代がせめぎあいながら、勢いのある20代に負けないように優勝争いができたらいいなとの回答を頂きました。ベテランの域に入った谷原プロの活躍を、我々は来シーズンも見ることが出来そうです。

■谷原秀人(たにはら ひでと)プロ
生年月日:1978年11月16日(43歳)
身長・体重:178 cm、77 kg
出身:広島県尾道市
成績:日本ゴルフツアーで通算16勝
(うちメジャー2勝、2021年12月5日現在)

2021.11.15

大会ベストスコア:T・ペクプロが大会3日目に、小斉平 優和プロが大会最終日に記録したー5アンダー 66ストローク

T・ペク

T・ペク

小斉平 優和

小斉平 優和